ピアニスト 出井愛 オフィシャルウェブサイト Mana Dei Official Website

 

Biography

プロフィール
出井愛© Shigeto Imura

出井 愛 (でい まな)

東京音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業後、プラハ音楽院(チェコ共和国)に留学。大学在学中、プラハ国際室内楽サマーアカデミーに参加。チェコ留学中(2007,2009年)スメタナの生家リトミシュルで行われた音楽祭に出演した他、プラハ・オロモウツ・ヴェルハルティツェ(古城)など、チェコ国内での音楽祭、コンサートに多数出演。2012年6月に自身初となるプラハでのソロリサイタル、帰国後の2013年5月東京・文京シビックホールにて“根本愛ピアノリサイタル~ボヘミアの春・モラヴィアの風~”を開催。2014年1月チェコフィルハーモニー管弦楽団首席ホルン奏者、兼副指揮者のオンドジェイ・ヴラベッツ氏と共演し、好評を博す。

その活動はソロ演奏にとどまらず、声楽家、器楽演奏者からの信頼も厚く、伴奏ピアニストとしても幅広いジャンルで活躍。チェコ音楽コンクール(2009)入選。ロゼピアノコンクール(2010)第1位。 第18回ヤングアーチストピアノコンクールFグループ入賞。2011年にはベトナムホイアン市で行われた日越文化交流祭に招待される。 これまでにピアノを関根有子、神代麻子、船本貴美子、出井則太郎、ミハエル・レゼックの各氏に、ピアノデュオを宮崎和子、船本貴美子の各氏に師事。